Sponsored Link

2007年03月10日

豆乳クッキーとメタボリックシンドローム

豆乳クッキーダイエットの目的はやせることですよね。
豆乳クッキーでウエストを細くしたいと思うあなた。
メタボリックシンドロームも防げちゃうかも!

メタボリックシンドロームになりやすいのは、
「内臓脂肪型肥満」の人です。
 

お腹まわりが太っていると、
メタボリックシンドロームに疑われやすいですよ!

ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、
内臓脂肪型肥満が疑われるんです。


メタボリックシンドロームになると、
糖尿病を発症するリスクは通常の7〜9倍。
心筋梗塞や脳卒中を発症するリスクは、約3倍といわれています。
動脈硬化がおきやすいそうです。


そこで内臓脂肪を軽減し、
メタボリックシンドロームからのがれるための食事方法の一つに、
食物繊維を多く含む食べ物を食べようというのがあります。

食物繊維は、
「栄養のない栄養素」といわれています。


あなたもご存知のように、
食物繊維は、便を出しやすくします。

そして、
余分なコレステロールや有害物質を体外に排出する働きがあります。


食物繊維は、水分を吸って体積が大きくなるので、
胃の中でふくらんで、満腹感を与えてくれますが、
食物繊維は、腸の中でもふくらむんです。

それで便の体積を増やし、排便をスムーズにするので、
便秘にも効果があるんですね!

さらに食物繊維は、
腸の中の乳酸菌などの「善玉菌」も増加させるんです。
腸内環境もよくしてくれるんですね!


食物繊維の豊富なおからの入った豆乳クッキーは、
健康面からもおすすめなんですね!


無料で一ヶ月DVDをTSUTAYAで借りちゃおう!

豆乳クッキーでメタボリックシンドロームを改善しよう!

豆乳クッキーでダイエット、痩身をねらっているあなたは、
メタボリックシンドロームも改善できちゃうかも!

「メタボリックシンドローム」というのは、
内臓脂肪型肥満によって、
さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態のことをいいます。

内臓脂肪型肥満とは、
ただ太っている、というだけではなく、
肥満、特に内臓に脂肪がたまった肥満のことをいいます。


今では、
肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は、
それぞれが別々の病気ではなく、
特に内臓脂肪型肥満が原因であることがわかってきたんです。


メタボリックシンドロームは、
普段の生活習慣を直していくことでよくなるそうです。

たとえば、食生活。


満腹になるまで食べ過ぎていないか?
しょっちゅう、間食をしちないか?

料理に砂糖をよく使うか?
濃い味付けが好きか?

緑黄色野菜をあまり食べないか?


内臓に脂肪がたまりやすい食事は、

高脂肪食(脂っこいもの)、
高ショ糖食(甘いもの)、
高カロリー食(カロリーが高いもの、食べ過ぎ)、
低繊維食(緑黄色野菜の不足)です。


食物繊維の豊富なおから入りの豆乳クッキーで、
食べすぎとメタボリックシンドロームを防ごう!


光ファイバー解約体験
カテゴリ
Copyright© by豆乳クッキーで痩身♪All rights reserved

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。